07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

イギリス国内観光について 

category: 由梨@イギリス


更新が遅くなりました、イギリス・リーズ大学に留学中の由梨です!

昨日で試験も終わり、リーズ大学での留学は終わりました。
これから旅行して、6月中旬に日本に帰ります。本当に時間はあっという間ですね…

留学記あまり更新できていなかったので、これからどんどん更新していきますね♪

今回は今まで行ったイギリス国内の都市について書こうと思います^^

せっかくイギリスにいるのだからイギリスを思いっきり満喫しようと思い、有名な観光地や、魅力のあるところにたくさん行きました。
今まで訪れた都市は、
London, Manchester, Chester, Liverpool, Oxford, Stratford-upon-Avon, Lake District, Bath, Birmingham, Cotswolds, Edinburgh (Scotland)です。

これらの11都市をまわって思ったのは、新しいものと古いものがうまく調和していて、どの都市もそれぞれ独特の雰囲気があり素敵だったことです。
例えば、Bathは温泉の語源として有名な都市ですが、建物がハチミツ色で統一されており、中世の世界にいるようでした。また、Chesterは木組みの建物が多い城壁都市なのですが、街に調和するようにデパートや薬局、銀行までほとんどの建物が木組みになっていたりと、薬局のチェーン店でもそれぞれの都市によって店舗の外観が違います。
ManchesterとBirminghamは現代的な建物が多く大型のショッピングモールもあり、現代的な雰囲気だったのですが、他の都市は古い建物が多い印象でした。Lake DistrictとCotswoldsはイギリスの田舎ののどかな雰囲気を味わうのにはぴったりの場所です。

私が今まで訪れた都市の中で、特に印象に残っている都市は…もちろんロンドンです!
世界有数の観光都市であり、美術館など観光名所も多くてイギリスの中で一番観光向きの都市です。ウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿、大英博物館、国会議事堂、タワー・ブリッジなど…誰もが一度は聞いたことある観光地が多くあります。

その中でもおすすめは…

バッキンガム宮殿の衛兵交替式!赤い制服を着て背の高い帽子をかぶった衛兵たちが学期を演奏しながら行進する…これこそまさにイギリスです!交替式はお昼くらいから始まるのですが、1時間前からバッキンガム宮殿周辺は観光客が集まっており、かなり混雑します。良い場所で見たい人は早めに行って場所取りしないといけません!

次に、ビッグベンの愛称で知られる国会議事堂!外観も素敵ですが、ぜひ見学ツアーに参加してみてください。絵画や彫刻などが美しく、英国議会の歴史や伝統についても詳しく説明してくれたのでとても興味深かったです。

そして、イギリスはサッカーやラグビー、ゴルフなど多くのスポーツの聖地でも有名なのもご存じですが?その中でも私はテニスが好きで、全英オープン、全豪オープンなどの四大大会はテレビで必ず見ます!笑 ロンドン近郊にあるテニスの聖地、ウィンブルドンもおすすめの観光地です。ウィンブルドンではガイドツアーに参加しましたが、センターコートや選手が会見をするプレスルームなどにも行き、テニスファンには嬉しいツアーでした!次はぜひ大会中に行きたいですね!あ、ちなみにManchesterにあるManchester Unitedのホームスタジアムにも行きました^^ ピッチも見れて良かったです!
イギリスにはスポーツの聖地がたくさんあるので、競技場を見てまわるのもおすすめです。

他の都市について詳しく紹介できませんでしたが、ロンドン以外の都市も綺麗でとても良かったので、イギリスに行かれる場合にはぜひ訪ねてみてください^^

以上、イギリスより由梨でした(^^)/
スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

残りわずか… 

category: 由梨@イギリス


更新が遅くなりました、イギリスのリーズ大学に留学している由梨です!

早いもので、もうすぐ留学が終わろうとしています…!実際に授業があるのはあと三週間、そのあとは試験期間になり、五月末には留学が終わります。
昨日まではイースター休暇で、一か月ほど休みがありました。休暇中、母とイギリス国内旅行(ロンドン、湖水地方、コッツウォルズ)へ行き、その後友達とアムステルダム、パリ、ヴェネツィア、ローマを旅行してきました(^^)/ 天気は少し寒かったけれど、いっぱい観光して、いっぱい美味しいものを食べてそれぞれの都市を満喫してきました^^♪

そんな旅行三昧で楽しかった休暇も終わり今日からは授業が再開されました。

今回は、大学での授業について書こうと思います。

私が一学期目に履修した科目は、
Globalisation, International Politics, Beginners Spanishの三科目、合計60単位です。
もともと興味のあった国際関係や国際政治学に関する授業と、私が言語を学ぶことが好きなので、ヨーロッパ圏で多く話されているスペイン語を履修しました。スペイン語の授業は他の授業の息抜きにもなり楽しかったです。

今学期は、以下の三科目を履修しています。
・ Introduction to Race and Ethnicity
多文化社会であるイギリスでの人種問題について学びます。イギリスにおける人種問題を歴史やスポーツ、映画界など幅広い分野を例に学ぶので、とても興味深いです。
・ North and South Linkages
AIUからリーズ大学に留学されていた先輩のお勧めで履修した授業です。Seminarでは毎回ディベートなので、毎回Lectureのトピックに関して白熱した議論が交わされます。
・ Contemporary Development Issues
毎授業その分野の専門の教授が国際開発学にかかわる講義をしてくださいます。貧困問題やジェンダーなど興味深いトピックが多く、毎授業楽しみです。

大学の授業のスタイルは3通りあって、Lectureと呼ばれる大人数で受ける講義、少人数で主にディスカッションやディベートをするSeminar、Tutorialがあります。
まとめると、Lectureで学んだ内容をSeminarやTutorialで議論し、理解を深める、というものです。

二学期目なので、授業にも慣れてきましたが、いまだにうまくできないことがあります。
まず、毎回のSeminarでとてもとても緊張します。私が人前で話すのがあまり得意でない上に、受講している授業のほとんどがイギリス人学生が多く留学生が少ないため、教室で目立ち、余計に緊張します。笑
特にNorth and South Linkagesのディベートでは白熱した議論が交わされるため、まわりの学生の発言を聞き取って話の流れについて行くのが精一杯で、自分の意見を話す機会もないことがあります。
また、私が国際関係や政治に関心はあるけれど専門的に学んだわけではないので、まわりの学生と知識量も違うし、自分の浅い知識や理解力を痛感する日々です。

学期も終盤に入ったので、エッセイやプレゼンテーションなど多くの課題をこなしていかなければなりませんが、今まで以上に授業も課題もしっかり頑張っていきたいと思います。

あと少ししかない留学生活、悔いのないように一日一日大切に過ごしていきたいです。

ありがとうございました^^♪
cm 0   tb 0   page top

はじめまして! 

category: 由梨@イギリス


はじめまして:)

AIU7期生で2011年9月よりイギリスにあるリーズ大学に早期留学している、由梨です。

初投稿なので、自己紹介と、なぜイギリスにしたかなど留学のことについて書きたいと思います。

兵庫県出身の19歳です。
中高のときに短期留学でシカゴとニューヨークに行ったことがあります。
そして大学進学とともに秋田へ。
AIUではAIU祭実行委員会、バレー部、韓部に所属しています。
専攻はグローバルスタディズ過程トランスナショナル分野です。


まず、なぜイギリスを選んだか。

私はもともとイギリスに憧れがありました。同じ英語圏ですが、アメリカとは違う、歴史ある古い雰囲気が好きだからです。大学や街の建物や、教会などの観光地も全部素敵です:) ハリーポッターみたいでw 
また、アメリカには行ったことがあるので、行ったことがないイギリスに行きたい!と思ったからです。
それにイギリスはヨーロッパにあるので、他のヨーロッパの国へ旅行しやすいのも良い点です。休暇中にはヨーロッパの国々をまわって、世界遺産とか見に行きたいです。

そして私がイギリスを選んだ最大の理由は、イギリス英語です。
日本の英語教育はアメリカ英語が基本なので、今までずっとアメリカ英語で学び、その発音に慣れていました。だからイギリス英語に接する機会は殆どなく、テストのリスニングがイギリス英語だったときに全く聞き取ることができませんでした。
それからイギリス英語に対して苦手意識を持つようになってしまいました。
それを克服するためにもイギリス英語に慣れたいと思い、イギリスへの留学を決めました。
日本に帰るときにイギリスのアクセントで話せるようになってたらかっこいいな~w


次に、リーズ大学について。

リーズ大学はイングランド北部ウエストヨークシャーにある、国立大学です。
伝統ある大学で、規模も大きく、キャンパスは広大で学生数も多いです。
リーズは英国の中で3,4番目に大きな都市で、大学も多くあるため、学生がとても多いです。

私はリーズ大学で国際関係学や政治学の授業を履修しています。
ちなみに、1学期目にはスペイン語も履修しました!
慣れないイギリス英語での授業、ディスカッションなど、最初のころは聞き取るのが精一杯でしたが、頑張っています!


私は早期留学なので、1学期目はテストを残すのみでもうすぐ2学期目が始まります。
2学期目には、1学期目よりももっと勉強して、遊んで、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。
また、いつも支えてくれている両親や兄弟、友達に感謝しながら残り半年間楽しみたいと思います!

これからよろしくお願いいたします:)
cm 0   tb 0   page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。