08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

秋の香りはさびしい 

category: みづき@米バージニア


おひさしぶりです。米バージニアWilliam and Maryのみづきです。


夏休み期間中の台湾語学留学から帰還し、秋学期が始まり早くも1か月がたとうとしています。
時がたつのは速いもので留学も残すところ3か月。

正直焦っています。留学で自分を変える、アメリカの価値観を取り入れる、いろいろなことに挑戦する、自分がやりたいことを見つける、などなど目標はありましたがどれだけ達成できたのか。
正直やっていて楽しいと思えるのは中国語の学習くらいなもので、将来につながるようなものは未だ見いだせておりません。
感受性が落ちてきているのかもしれないです。てことで最近は、初心に戻り子供の頃好きだったことをやるようにしています。私の場合読書とスケッチです。天候も涼しくなり、のんびりとすごしています。


さて
最近感じた文化的なこと。
アメリカの性について。結論から言うと同性愛はもはや普通の恋愛と同じ扱いです。少なくとも僕の周りでは。
僕は昔から同性愛の友達が多い方でしたが、アメリカにきてさらに多くの同性愛の人と出会いました。彼らの恋愛は男女のそれとなんら変わりなく、むしろ今まで見てきたカップルよりも美しく見えました。

この前女性の友人が一人女性を連れてきてこう言いました。「この人が私の恋人の~だよ」と。日本だったらえ、どういうこと?同性愛なの?となるところでしょう。
しかしアメリカではなんの違和感もなくみな二人の仲の良さをひやかしたり、付き合ったきっかけなどを質問したり、同性愛への言及はありません。

私もアメリカにきて多くの同性愛カップルを見て、もはや「同性愛」という言葉自体が差別なのではないかと感じます。もちろん生物学的にはそのような関係は男女間のものですが、文化、習慣が変わった今、私たちも価値観を見直すべきなのかもしれません。

台湾でもゲイの友達がいましたが、やはりアジアでは友達に打ち明けるのも容易ではなく、相当つらいだろうなあと感じました。日本も同性愛についてもっと寛容な社会になっていけばよいですね。



さて
今学期の授業について。
経済学2つ、マーケティング、中国語Ⅲ、モダンダンスを取っています。

正直無理しすぎました。課題の量などの問題ではありません。単純に難しすぎてわかりません!!!
経済学2つです。中学生のころから数学が嫌いでしたが、そんなやつがアメリカで取るべきではなかったのかもしれません。といっても取ってしまったものはしょうがないので、友達に助けてもらいながらどうにかパスするしかありません。

そしてあいかわらずの中国語 笑
せっかく夏に覚えた言語を忘れたくないという思いで選びましたが、やはり日常で話す機会がないものは忘れてしまうわけで。中国人の友達と話して練習したいですねえ。

ダンス
思ったよりガチでした。まあ基礎なんですが。
ヒップホップ的なのを予想してたのでまさかあんなバレーの基礎みたいな動きをやらされるとは。
そして男女比率が3対20くらいなのでなんともやりづらい笑
体が柔らかくなればいいなあというかすかな希望で頑張ります。



今回はこんなもんです
味気ないブログでしたが読んでいただきありがとうございました。


エアコンが壊れて変な臭いただよう部屋にて
秋の香りがし始めたウィリアムズバーグにて
スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

ロシア語学校の七不思議:その2 

category: まっち@ロシア


みなさんこんにちはヽ(^0^)ノ
ロシア連邦極東最大の港湾都市・ウラジオストクに留学中のまっちです!



大変長らく更新を停滞してしまい、申し訳ありませんでした(´;ω;`)
更新が途絶えた間にいろいろなことがありました。
ぜひぜひ皆様にもお教えしたいのですが、今日はまず、前回の更新で中途半端になってしまっていた
世にも恐ろしい?ルースカヤシュコーラ(ロシア語学校)、そして学生寮の生活の七不思議(3/7)についてお話したいと思います(^▽^)


-- 続きを読む --
cm 0   tb 0   page top

言えなかった思いを伝えるために全力で走るメロドラの主人公的勢いで 

category: ますお@米ミネソタ


(・∀・)<アメリカはミネソタからだよ!
ますおです!

この度は更新を大幅にさぼってしまい
誠に申し訳ございませんでした。

前回の更新が2ヶ月以上前でしたね。
もう本当にごめんなさい。
いや、別に誰も俺の日記なんて期待してないだろうと思うのですが、ね
俺の中の使命感というものがことあるごとに「更新しろよクソ眼鏡」と罵ってきて
それを気にしながらも更新する機会を逃して今に至ってしまいました
てへぺろ☆←埋まれ
いやぁ、久々すぎてどんな書き方してたか忘れてしまい、過去の自分の記事を読んだのですが
自分の気持ち悪いテンションに発狂しそうになりました!
反省も後悔もしていないけどな!←してください

というわけで私ますおは4ヶ月の夏休みを終え、ミネソタはセントクラウドに戻り勉強に勤しんでおります。
先学期は日本で大人気の某ニコニコできる動画サイトばかりを見ていた私ですが、今学期は...まあ、この話は次回にいたしましょう。

夏休み、4ヶ月もあったのにあっという間に過ぎてしまいました。
この夏は日本に帰らない!って決めたものの、先の予定が立っておらず、始まった当初はすごく不安でした。
しかし、終わってみて今、サンフランシスコでの4ヶ月は自分にとってすごく大きな大切なものになったと感じます。
どう良かったか、というのが自分の語彙では表せずもどかしいのですが、サンフランシスコは自分のこれからの人生に大きく影響するような経験をさせてくれました。

最初の二ヶ月間は二箇所のNGO団体を毎日交互に参加しました。
貧困層の方への衣服提供ボランティア、オフィスワーク、そして災害、特に地震への注意喚起のプロジェクトをほぼ毎日行っていました。
その後少し時間が空き、7月末から二週間ほど、先述のインターンのコーディネーターの方に紹介してもらい、大阪府の高校生向け短期留学プログラムのアシスタントをさせていただきました。
思ったこと、感じたことはたくさんあり、すべてを伝えることはできないのですが、大きく心に残ったこと、それは人との繋がりというものの大切さでした。
この夏休み、日本人もアメリカ人もたくさんの人と交流をし、いろいろな話を聞いたりしたりすることができました。
新しい考えや生き方を学び、自分の視野を広げることができ、自分を見つめなおす良い機会となりました。
また人との繋がりは、同時に自分に様々なチャンスをくれました。
夏休みが始まったすぐは、最初の2ヶ月間しか予定が決まっておらず、先行きの見えないままにサンフランシスコで生活をしていた自分。それが、いろいろな人と関わり、対話をすることで、その人たちが素晴らしい機会を与えてくれ、そのおかげで自分は夏休みをもてあますことなく、今しかできないやるべきことを経験できました。

俺はただの大学生で、社会経験もなく、人生経験もまだまだ十分ではありません。
自分の才能ってなんだろう?自分に何ができるだろう?と考えては落ち込むことも少なくありません。
しかし、サンフランシスコで出会った人たちは、そんな俺を優しい目で見守ってくれ、仕事を任せてくれました。
こんな俺でも人の役に立てるんだ、社会の役に立てるんだ、と気づいたこと。それは自分の中の一筋の光であり、大きな自信にもつながりました。
社会に出る、自分は大人である、と気を張る必要はない、ありのままの自分でいけば結果は必ずついてくる。
それに気づくことができたのはサンフランシスコでの大きな収穫でした。

自分の将来について、まだまだはっきり考えることはできていませんが、とにかく人とかかわる仕事がしたい、社会の中でいろんな人をつなぐ役割を担いたいと思います。
それを教えてくれた人たちに感謝する心を忘れずにこの留学生活を最高の形で終わらせたいと思います。
自分が望めばそれ以上が返ってくる場所、それがアメリカという場所です。
あと3ヶ月、死に物狂いで楽しみますよ!

てへぺろ☆←なんだ
なんかもうこの文章書いてて何回か挫折しそうになりましたorzなんだ自分の日本語力orz
皆さん意味わかんなくてももうフィーリングで理解してくださいwwwww

というわけで最後になりましたが、久々の更新で申し訳ありませんでしたorz
こんな意味わからんテンションで毎回お届けしますが、こいつはこういうやつなんだなと広い心で受け止めてください。
では、そろそろ秋も近づいて肌寒くなってくるころだと思うので、体調には気をつけてお互いがんばりましょう。
以上アメリカよりますおでした!

よければ投票よろしくお願いします!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村



cm 0   tb 0   page top

さっぱり 

category: じっち@台湾



お久しぶりです。
台湾の伊地知です。

すっごい久しぶりすぎて、ちょっと罪悪感です。
もっと更新すればよかったものの....すいません。




言い訳になるかもしれませんが、正直なところ、「これは更新しよう!」と自分が思えるような出来事が無い、
あるいは、そのような出来事が起こるように自分から動くような生活をしていなかったのかもしれません。。

最初このブログに参加すると決めたときは、読んでくれている方が興味を持ってくれるような、少なからず
ブルーな、不快になるようなネガティブなことは絶対書かないようにしようと思っていました。

最初の数か月はもちろん何もかもが新鮮で、台湾に興味がある方、またはこれから台湾に留学に行くという人たちに伝えたいことを中心に書いていましたが、留学前半が終わって夏休みに入ったころは、楽しくも、つまらなくもない日々といった感じでした。



「それは自分の行動範囲が狭いだけで、ただ台湾に慣れたってことじゃないの?」

と思われるように、自分でも最初できるだけいろんなことをやってみました。


遠出したり、知り合った方のところにホームステイして台湾の家庭生活を経験したり、いろんな料理を食べたり、観光したり...


あとになって考えるとやはり

「楽しくも、つまらなくもない」

なんか中途半端な気持ちが残っていました。

これを今読んでくれている方の中で、もしかしたらこの内容にイライラしている方がいるかもしれませんが、
僕も自分に苛立ちに似た何かを常に感じていたのか、
知らないうちストレスになっていました。








そして、留学前は全く予定になかった一時帰国を決めました。
日本が恋しいというよりも、とにかく一回台湾を出てリセットしたいという気持ちが強かったからです。

実家でただのんびりとするのもある程度の期間だけにして、東京に行って先輩方に会ったり、秋田にも行って
これから留学や卒業で会えなくなる人と話すこともできました。





驚くほどに、今まで気づいてなかったことや、初めての発見が台湾以上にあった
というのが一時帰国の感想です。

たぶん自分が知らないうちに、日本に対してもリセットしていたからだと思います。
すごく違う視点で日本を見れたのかもしれません。



これを踏まえて今台湾に戻ってきました。



今の気持ちはなんとも表現しづらいんですが、
少なくともあと(何をかはわからないが、いろいろ)4か月やってやるぞという良い状態です。

楽しくもなく、後悔もあっても別にいいかなと思っています。

いろいろ日本ではできないことをやってみて、最終的に思い出とならないような留学でも、
もしかしたら自分が感受性が足りないだけかもしれないし、逆にそういう発見の方がおもしろいと思います。
(映画とか本ではすぐ泣いちゃうけども)





これからもいい具合に更新していきたいと思います。
では。


cm 0   tb 0   page top

シンガポールから近況 

category: さえ・はる・みき@シンガポール


学内のスタバに "Jump into Autumn!!" と 書いてありました。
嘘つけ!いつだって夏じゃないかシンガポール!!と心の中で思わず呟いた はる です。
秋セメ開始からちょうど一か月経ったので近況を報告します。
-- 続きを読む --
cm 0   tb 1   page top

ハンガリーでの留学が始まりました! 

category: ひとみ@ハンガリー


こんにちは!
初めての更新になります(*^_^*)
北海道出身の国際教養大学三年生(7期生)瞳です!

私の留学先は、ハンガリーにあるペーチ大学です\(^o^)/

ここに来たのは9月の1日ですが、今のところとても楽しい日々を過ごしています。
私の今回の留学の目的は、「非英語圏の国に敢えてハンガリー語を何も勉強せずに行き、実際どれだけ言葉を使わずにコミュニケーションを取ることができ、またはどんな時に言葉を使わなければ伝わらないのか」という点を経験してみたいと思っています!卒論も、そっちの方向で書こうと少し考えています。

それから、ハンガリー語を何も知らずに入国すると、きっと困ることがいっぱいあると思いますが、そこからどうやって生きていくか、また自分を理解してもらうかという点でも、良いサバイバル経験になると思っています。笑 将来きっと役に立つと信じてどんな辛いことも頑張って乗り越えようと思います!

と、意気込んではいますが、実際いつまでこのようなことを言っていられるかはわかりません・・・笑
しかし、今しかできないことをいっぱい経験してこの留学生活を充実させたいと思っています^^


さて、入国して早くも今日で3日目です!
今まで思ったこととして

意外にハンガリー語を使わなくても、どうにかなる

と思います♪
なぜなら、ハンガリー語を使わなくても、英語(お互い完璧に話せるわけではない)とジェスチャー、それから数時間一緒にいた人の性格を考えて、「きっとこう言ったのではないかな」と思える勘、また状況を判断する力があるからです。

特にジェスチャーはすごく良く伝わります!
1日の夜遅くに寮に着き、次の日初めて周りが明るくなったので、とにかく何か食べ物が必要だと思って一人で食べ物を探しに行くことにしました!
とは言ったものの、自分が住んでいる寮の名前も読めない、地図も無い、電話も無い、ここがどこだかも良くわからずスーパーがどこにあるかもわからない状態でした(>_<)

しかし、人間にも野生の勘があり、外に出てみて目に入るものはすべてハンガリー語(だと思われる言語)しかないのですが、バス停の位置やバスが来る方向、人が食べ物を持って歩いてくる方向などを頼りに15分ほど歩きついにスーパーを見つけました!

その時買ったものは500MLのファンタのジュースとヨーグルトでしたが、合わせて370フォリント(ハンガリーで使われるお金の単位です)でした。日本円に換算すると合わせてたったの130円です!!!(ハンガリーの物価の安さは、また後でお話しますね)

その時に、私は何も持っていなかったので、ヨーグルトをスプーンで食べる真似をしたところ、スプーンをつけてくれました!\(^o^)/

さらに、昨日オリエンテーションで地図を手に入れたので、それを見ながら先ほど一人で町まで歩いて、マクドナルドでジュースを買うために入ったのですが、目に入るものすべてハンガリー語でどれがジュースなのかもわからずレジの前で固まってしまいましたが^^;

レジのお兄さんの前で飲み物を飲む真似をしたところ、お兄さんも片言でファンタ?ティー?などと言ってくれて、見事ピーチティーを買うことができました!

少し恥ずかしい気もしますが、ジェスチャーはとっても役に立ちます!

また、ハンガリー人のルームメイトのご両親と一緒に買い物に連れて行ってもらったときに、お父さんはとても優しそうな性格で、買い物中ずっとカートを押していてくれました。そのお父さんが、レジに行くときに何かハンガリー語でルームメイトに話掛けましたが、私は、お父さんはきっと「もう他に買うものはないか?」などと言ったのだろうと解釈していました。その後すぐにルームメイトが英語で訳してくれましたが、私の解釈と同じでした。

また、昨日の夜は初めてルームメイトにハンガリー料理のお店に連れて行ってもらい、店員さんが注文を聞きに来た時に、ルーミーが初めに言った一言、それは多分「Yes、はい」のことだろうと思って後から聞いてみたら、当たっていました。なので、状況を判断して聞かれていることが分かるという点でも、言葉がわからなくても生きていけると思います!

いろいろと長々と書いてしまいましたが、ハンガリーの良いところをもう一つだけ紹介して、今回は終わりにしたいと思います。

ハンガリーの良いところは、

物価が安い!!!!(^^)!

先ほどちらっとお話しましたが、ハンガリーで使われる通貨はフォリント(Ft)と呼ばれるものです。
このフォリントですが、レートに換算すると1Ft=0.35Yenです。
つまり、フォリントに0.35かけると日本円に換算することができます。

初めて買ったジュースとヨーグルトは370Ftでしたので、日本円にすると約130円になります。安いですよね!?
今日買い物に行ってきて、トップスを1枚買ったのですが、それは840Ftでした!日本円にするとなんと296円です!!!
まだあまり買い物をしていないのですが、他の食糧品とかも安いように感じます。ハンガリーでいっぱい買い物をしてしまいそうです^^

明日はいよいよ学部の先生に会いに行き、授業登録や移民登録も教えてもらいます。明後日は歓迎会があるので、それも楽しみです(*^_^*)

長くなりましたが、初めての投稿でまとまりが無くて申し訳ないですm(__)m
最後まで読んでくれてありがとうございました。
また新しいことがあったら、更新頑張りますので、宜しくお願いします!

それでは、ハンガリーのペーチから瞳でした(^^)/~~~


にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

cm 0   tb 0   page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。