05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

日々が過ぎるのが恐ろしく早くなってきた学期末 

category: さおり@米バージニア


こんにちは!アメリカ・バージニア州からさおりです^^
前回の記事で所属団体のイベントの事書きたいとか言いましたが
個人的には友達も増えてむちゃくちゃ楽しんだのですがそんなわざわざ留学記に書くような事でもない気がするので(単なるダンスイベントです。はい)
ちょっと違う事。でもちょろっとは関連させます。してます。

最近留学記とかみんなのブログとか読んで各国の大学の違い、特に同じアメリカの大学でも大学によってかなり違うんだな~って驚いています。
ということで!
今回はW&Mでの生活&外国語学習への取り組みについて!!

まずはちょっとこれ見てみてください。

A: Heeey, how are you?
B: I’m tired. I was swemming all day long.
A: Oh… you are so TWAMP!!

会話レベルが中学生ですねw気の利いた例文思いつかなかったんですww
これ別に英語のスラングとか若者言葉とかじゃありません。
W&M生にしかわからないW&M語です!笑
何言ってるか気になった方は下からどうぞ^^

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
まず“swemming”とは「図書館でお勉強」を意味しています。
W&Mの図書館の正式名称はEarl Gregg Swem Library、なんか功績の大きかった司書さんの名前を取ったんだとか。そして通称SWEMです。みんな「図書館に行く」ではなく「SWEMに行く」と言います。
そこから生まれたのがswem(Verb): 図書館で勉強するという訳です。

そしてTWAMPとは
Typical
William
And
Mary
Person
の略。
Typical William and Mary Personとは簡単に言うと
「一日中勉強してる」W&M学生の事!
みんなFacebookの書き込みで使いまくり!
まぁ要するにガリ勉です
これ初めて聞いたとき
うわーあたしえらい所に来たな、と(笑)
Typical(典型的な)と言うだけあって、実際みんな本当によく勉強します。
図書館はいつ行っても人口密度高いです。
日曜日は午後1時開館なのですが、みんな席をとるために12時半くらいから入り口前に集まって開館するのを待ってます。
ちなみに期末試験期間だけ24時間開放になるのですが、その前の行列具合はこの比ではないらしく、
W&Mの学生がいかに勉強好きかを如実に表わしているということで
全国版の新聞に載っただかニュースになっただかしたらしいです。


続いてW&Mでの外国語学習について
W&Mでは高校で一定期間以上外国語を履修した学生以外、外国語は必修です。
8か国語ほど開講してるのですが、すごいのがそれぞれの言語の寮があることです。これってアメリカだと普通なのかな?
その言語を勉強していなくても興味があって面接をパスすれば入居することができます。
羨ましい!と思ったのが
その言語をネイティブとするチューターさんが学生と一緒に寮に住んでいること!
つまりその寮に住んでいれば、チューターさんと顔を合わせたらいつでも言語の会話練習ができちゃう!という事なんです。
チューターさんの管理下でムービーナイトやConversation Hourなどのイベントもほぼ毎日開かれていて
本気で言語をマスターしたい学生にとってはほんとに最高の環境です。

そして全学生の内約60パーセントの学生が留学するのだとか(大学はこの比率を80パーセントにまで引き上げたいらしいです)。
AIUみたいに留学が義務づけられている訳でもないのにこの数値すごいですよね?

私はよくJapanese Houseにお邪魔しているのですが、みんな日本語への意欲がすごい!!
まず1歩踏み入れたらみんな日本語で話しかけてきます。
(でも私はあくまで「英語を学びに」アメリカに来ている学生だということをみんなも分かってくれているのでみんなとの会話はほどよく日本語と英語がミックスしています)
あとは週末の夜の10時くらいに行ってもたまにチューターさん囲んで勉強してたりします。
と思ったらその反対側のラウンジにあるでっかいテレビでWiiやってる学生もいるんですがww
チューターさんは学生との会話では基本的に日本語しか使いません。入居している学生同士がお互いに協力しあって会話を成立させています。

言語の授業風景も日本とは大違い。
私は現在フランス語を取っているのですが授業は文法項目の説明以外全部フランス語。Elementaryなのに!
発言が絶えずそれもみんなフランス語。知らない単語があってもとりあえず文章を言ってみて詰まったらそこだけ英語に切り替えてその都度教えてもらう。
そしてすごいなーと思うのが習った単語や文法項目は絶対に忘れない。Elementaryなのに!
この辺もいかにみんなが勉強頑張ってるのかを暗に示してますね。
おかげですごく会話のレベルが高くて私はいつもひーひー言ってます。
何度でも言います、Elementaryなのに!

ますお君も書いていたしどこの大学にもあるのかなーとは思いますが、W&Mにもエスニック系団体がたくさんあります。主にアジア系団体です。
その理由はアジア各国からの移民やその子供たちが多いから。
どの団体も“(国名)+ Students Association or Organization”という名前を持っています。
さすが人種のるつぼアメリカですねー
移民の授業取ってることもあって
日常生活でこういうの発見するのすごく楽しいです。
唯一の例外が私の所属するJCA(Japanese Cultural Association)。日系アメリカ人は少ないですからね。
メンバーはほとんど現地学生で日本語の授業を取っていない学生もいます。あとはアメリカ育ちの日本人学生とか。
そして全てのアジア系団体の代表者たちによるCouncilもあり、それが時々大きなイベントを開催します。
先日私が参加したダンスイベントもその一つでした。各アジア団体がそれぞれの国のダンスを披露しよう!みたいな
といっても上述の通りJCAは日本人団体ではないのでダンス決めたのも振付してくれたのも現地学生だったのですが。
私はもともとダンス大好きなので練習段階からエンジョイしまくりでした。この2週間で他のメンバーとの距離がぐっと縮まった気がする。
練習期間の2週間宿題貯めまくってたのは内緒


長くなってしまったのでここで終わりにします!
最後に。
英語聞き取れなくて悩んで授業ついていけなくて悩んでなかなか友達できなくて悩んでと
毎日悩んだり苦しんだり一進一退してるうちに春セメスターも残りなんと3週間弱になってしまいました!ペーパーやらファイナルやらで首絞められてます。
日本は新年度が始まったばかりですが
世界各地で年度末に向けてどんどん忙しくなる私たちが無事生き延びられるよう
応援よろしくお願いします(笑)
スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiustudyabroadblog.blog.fc2.com/tb.php/101-bc793561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。