09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

さっぱり 

category: じっち@台湾



お久しぶりです。
台湾の伊地知です。

すっごい久しぶりすぎて、ちょっと罪悪感です。
もっと更新すればよかったものの....すいません。




言い訳になるかもしれませんが、正直なところ、「これは更新しよう!」と自分が思えるような出来事が無い、
あるいは、そのような出来事が起こるように自分から動くような生活をしていなかったのかもしれません。。

最初このブログに参加すると決めたときは、読んでくれている方が興味を持ってくれるような、少なからず
ブルーな、不快になるようなネガティブなことは絶対書かないようにしようと思っていました。

最初の数か月はもちろん何もかもが新鮮で、台湾に興味がある方、またはこれから台湾に留学に行くという人たちに伝えたいことを中心に書いていましたが、留学前半が終わって夏休みに入ったころは、楽しくも、つまらなくもない日々といった感じでした。



「それは自分の行動範囲が狭いだけで、ただ台湾に慣れたってことじゃないの?」

と思われるように、自分でも最初できるだけいろんなことをやってみました。


遠出したり、知り合った方のところにホームステイして台湾の家庭生活を経験したり、いろんな料理を食べたり、観光したり...


あとになって考えるとやはり

「楽しくも、つまらなくもない」

なんか中途半端な気持ちが残っていました。

これを今読んでくれている方の中で、もしかしたらこの内容にイライラしている方がいるかもしれませんが、
僕も自分に苛立ちに似た何かを常に感じていたのか、
知らないうちストレスになっていました。








そして、留学前は全く予定になかった一時帰国を決めました。
日本が恋しいというよりも、とにかく一回台湾を出てリセットしたいという気持ちが強かったからです。

実家でただのんびりとするのもある程度の期間だけにして、東京に行って先輩方に会ったり、秋田にも行って
これから留学や卒業で会えなくなる人と話すこともできました。





驚くほどに、今まで気づいてなかったことや、初めての発見が台湾以上にあった
というのが一時帰国の感想です。

たぶん自分が知らないうちに、日本に対してもリセットしていたからだと思います。
すごく違う視点で日本を見れたのかもしれません。



これを踏まえて今台湾に戻ってきました。



今の気持ちはなんとも表現しづらいんですが、
少なくともあと(何をかはわからないが、いろいろ)4か月やってやるぞという良い状態です。

楽しくもなく、後悔もあっても別にいいかなと思っています。

いろいろ日本ではできないことをやってみて、最終的に思い出とならないような留学でも、
もしかしたら自分が感受性が足りないだけかもしれないし、逆にそういう発見の方がおもしろいと思います。
(映画とか本ではすぐ泣いちゃうけども)





これからもいい具合に更新していきたいと思います。
では。


スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiustudyabroadblog.blog.fc2.com/tb.php/158-f2313380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。