09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

夏休み後半戦 

category: ゆき@スイス


スイスから、FHS University of Applied Sciencesに留学中のゆきです!
さてさて!2週間ほど前から、とうとう秋学期が始まりました!
数えてみると留学生活も残り4ヶ月!
時がたつのは本当にあっというまです!



前回夏休み前半について書いたのですが、
今回は夏休み後半について書いてみようと思います!
興味のある方、ぜひ続きを読む!をどうぞ:)


夏フェス、ミラノ、スイス旅行を楽しんだ夏休み前半...
夏休み後半、ヨーロッパ各地、そしてモロッコに留学中の国際教養生と一緒に、ベルリンポーランドバルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)へ旅行してきました!
それからスイスに戻ったあと、ドイツにあるコンスタンツという街で1ヶ月間、ドイツ語のサマースクールに行きました。
夏休み最後は姉が急遽ヨーロッパに来たので、パリへ旅行したあと、これまた、スイスまで遊びにきた両親とともにスイス内を旅行しました!





さて、まずはベルリンへ!の前に電車の関係でハノーファーという街に寄ってみました!
ハノーファー、観光案内所へ行ってみると、日本語の観光案内本がおいてあるくらい、観光に力を入れている街でした^^
せっかくなので、その観光案内の本を手に入れて、ゆっくり歩いて観光してみることにしました!
すると、とってもおもしろい街でした♡
20120720 (21)
このカラフルに飾られた、ベンチと木、実は、値段シールを貼ってあるんです!
他にもライトやゴミ箱、ポールなどをデコレーションしてあって、本当に可愛かった!
もちろん見所はいっぱいある街なんですが、この観光名所でもなんでもない、日常にあふれたものをこんな風に飾られちゃうと、ヨーロッパってかわいい街だなぁ。。。と改めて思います。
お店のデコレーションの仕方とかも日本とはまた違って斬新!
20120720 (8)
イスをそのまま壁につけちゃう家具やさん
などなど、楽しい街でした!


ベルリンでは、日本食レストランがいっぱいあるので、久しぶりに再開した仲間たちと日本食を食べながら、いろんなお話をしたり、ベルリンの壁、ブランデンブルグ門、シャルロッテンブルク宮殿などの観光地へ!
20120722 (193)

ベルリンの壁、想像よりずっと薄くてびっくりしました。
あんなに薄い壁があんなにたくさんの人を二十数年前まで苦しめていたなんて。。。

ベルリンの壁はもちろん、いたるところにある、グラフィティ!どれも本格的で、落書きなのに、ここまでくると感動物!!!
20120721 (108)


次は、ポーランド、クラクフへ!世界遺産であるソルトマイン(ヴィエリチカ岩塩坑)は、圧巻でした!
クラクフ、とってもいいところでした!なんと説明したらいいのかわかんないんですが、なんか今までにいったことのない初めての感じ!
ヨーロッパに来てからたくさんの教会や大聖堂に行ったんですが、このクラクフにあるSt.Mary's Basilicaはとっても綺麗でした!色遣いが今までと全く違いました。
20120725 (58)
旧市街もとってもきれいで、お城もあり、雑貨屋さんお土産さんなんかもとってもかわいい!
そして何が素晴らしいって、ご飯がおいしい!物価が安い!
とっても素敵な街でした。


そしてポーランドに来た一番の目的、アウシュビッツ強制収容所へ。
以前グラスゴーに留学していたまつこも書いていましたが、負の世界遺産と呼ばれるアウシュビッツ。

結論から言うと行ってよかったです。
私たちは6人で旅行していたということもあり、今回は日本人の方にガイドをお願いしました。
日本人ならではの視点で、たくさんのことを教えていただきました。
人間の狂気、恐ろしさ、そして平和についての考え方など、考えさせられることが多くありました。
ガイドの方が、ここに来て、ショックを受けたり悲しくなったりするんじゃなくて、ここに来て、この青空を見て、自分が今いかに平和な人生を送ることができているかを、感謝し、幸せな気分になって帰って欲しいって言ってました。
本当にそうだと思います。
負の遺産じゃなくて、きっともっと人々を平和に近づけてくれる遺産だと思います。
20120724 (39)



ポーランドを去ったあとは、バルト三国へ!
自分の人生を送る上で行くであろうとは思っていなかった場所。
誘ってくれた友達に感謝です。
とっても興味深いところでした。



バルト三国1カ国目はリトアニアの首都ヴィリニュスへ。
ポーランドに引き続き、物価が信じられないほど安いリトアニア。
旧市街は世界文化遺産に登録されています。
しかし全くリトアニアについて知識がなかったので、泊まっていたホステルが紹介してくれた、free city tour(現地の方がボランティアでやってくださる市内観光ツアー)に参加しました※無料ですがチップは払います
その中でおもしろいと思った場所の一つが、Užupis
貧しくて荒れていた地域をアーティストの人たちが復興の意味を込めてつくった国(正式な国ではない)なんです。
憲法も国家も国旗も独立記念日だって自分たちで作ったりと、ちょっとふざけた街なのですが、おもしろい!
20120726 (46)
"Everyone has the right to be happy"(すべての人は幸せになる権利がある)
"A dog has the right to be a dog"(犬は犬でいる権利がある)
などなど、Užupisの憲法にはとってもいいことがいっぱい書いてありました!

そして、物価が安いリトアニアは、お買い物天国でした!
リトアニアの通貨リタスは、私が行った時1リタス=27円。
ホステルの近くに、とっても可愛くて安い古着屋さんを見つけてしまいました。
セール中だったらしく、すべての商品が2リタス!(54円!!!)
アメリカ製のとってもかわいいセーターやイタリア製の革靴、そして可愛いブラウスたち。。。
本当に最高な場所でした。
サイズが全体的に大きいのが日本人にとっては残念なのですが、何を隠そう身長が170センチ以上ある私には本当に天国でした!
ドイツやロシアを始めとするいろんな文化が混ざり合った街ヴィリニュス、街を歩いているだけでも可愛いものがいっぱい見つかって、おすすめです!
みなさんぜひリトアニアに行ってみてください!
(2012年秋からリトアニアも国際教養大学の留学先に追加されました!)



リトアニアの次はラトビアの首都リガへ
ヴィリニュスからリガまではバスでたった4時間!
リガの旧市街もこれまた世界文化遺産に登録されています。
(ちなみにリガに留学している友だちの話によると新市街がおすすめだそうです)
ここでもfree tourに参加しました。
ツアーガイドさんによって紹介するポイントが違ってておもしろかったです。
リガもまた、ドイツとロシアの影響どちらも受けていて、歩く場所によって、雰囲気が変わってとっても魅力的な街でした。
20120728 (6)



そしてバルト三国最後の国はエストニア!
これまたリガからエストニアの首都タリンまでバスで4時間、旧市街は世界文化遺産!
ヴィリニュス、リガと違って、タリンは北欧に似た雰囲気の街でした。
建物の色遣いがとにかくカラフル!
タリンではニット製品が有名で、夏にもかかわらず、いたるところでニット製品が売ってありました。
また海に面しているので、お魚がおいしい!サラダにも生魚が使われていました。
20120731 (42)



さて、タリンを離れ、私の夏休みは一時ストップ!
私が住んでいる街から一時間ほどのコンスタンツというドイツにある小さな街でドイツ語のサマースクールを受けるため、1ヶ月間滞在しました。
コンスタンツ公会議で知られるコンスタンツ。
人口80000人ほどの小さな街なのですが、Bodensee(ボーデン湖)という湖に面していて、実は観光地として有名です。
Bodenseeはドイツ、スイス、オーストリアに面しています。
今回のサマースクールはBodenseeに面している街にある大学に留学予定の生徒対象のものでした。
私が留学している大学、FHS University of Applied Sciencesもその対象で、大学の国際センターの方に紹介していただきました。
サマースクールってすっごくお金がかかるイメージだったのですが、実はこのドイツ語のサマースクール、授業料はもちろん、住居費、インターネット代、水道・電気代も含めて6万円ほどでした。
月曜から金曜まで毎日4時間のドイツ語の授業に加え、コンスタンツの文化・政治・芸術等について英語・ドイツ語の授業、そして周辺の街や、オーストリア、リヒテンシュタインへの小旅行など、とっても充実した毎日であっというまに過ぎ去りました。
授業では完全に英語禁止、そして全くドイツ語できない私が何かの間違いなのか、1年以上ドイツ語を勉強している子たちやドイツ人の彼氏がいる子などに混ざって授業をうけることになったので、本当にちんぷんかんぷんすぎて苦痛でしたが、とっても勉強になりました!
なによりたくさんの人と出会って、いろんな話をできたことが楽しかったです。
もし、FHSに留学予定、もしくは留学したいという子がいたら、ぜひおすすめしたいです。



長くなってしまったので、パリ、そしてスイス旅行については詳しくは書きませんが、パリもスイスもとっても素敵な場所で楽しかったです。
パリは本当に芸術の都でした。空間の使い方がすばらしい。
20120827 (55)



スイスでは、Top of Europeと言われる、ユングフラウに登ったのですが、3000m超の山頂まで電車でいけるんです。
それがTop of Europeと呼ばれる所以。ヨーロッパで一番高い場所にある鉄道駅です。
こちらもおすすめです。
何より、両親が喜んでくれたので本当によかったです。
20120905 (60)


またまた、かなり長文&写真が多すぎる記事になってしまったのですが。。。
少しでも、スイスに行きたい!ヨーロッパに行きたい!と思っていただければ幸いです:D
写真を撮るのが好きなのでたくさん写真のっけちゃったんですが、読み込みとかに時間かかって、読むのが大変になってたらごめんなさい。


それでは!またいつかブログ更新します!
読んで下さった方ありがとうございました!良い1日を!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiustudyabroadblog.blog.fc2.com/tb.php/166-4bad889d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。