04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

あと少し… 

category: さおり@米バージニア


こんにちは!
アメリカ・バージニア州のCollege of William and Maryに留学中のさおりです

本文を始める前に…
今さら今学期初の更新でごめんなさい。
忙しさを理由にずーっと書きかけの記事をWordに保存したまま放置し、気づけば帰国まで1週間を切ってしまいました(最低)。
今学期は先学期よりもいろんなこと盛りだくさんで毎日が楽しくて楽しくて書きたいことたくさんあったのに…
後悔先に立たずとはこの事です。
でも今から少しでも私の留学2学期目をご紹介していきたいと思います!

かなり長い記事になってしまったので続きは以下からどうぞ!








夏休みを旅行と南仏ニースでの語学学校に費やした私は
英語があまり通じない国々での生活や旅行中の数々のトラブルで少し打たれ強くなってアメリカに戻ってきました。
授業も単位変換重視で選んでいた先学期とは違い、今学期は興味のある無しに重点を置いて履修しました。
子どものころからの趣味で、AIU進学に伴い泣く泣くあきらめたクラシックバレエの授業を取れたのが一番の喜びです(でもこの授業はダンス副専攻の中の科目なので実際には他の種類のダンスや振付まで含まれていてかなり苦労しました)。
先学期から継続していたフランス語もニースでの2か月に及ぶ語学学校生活のおかげで先学期ほどの苦労もせずに済みました。

また、今学期は日本語の先生からの正式なオファーを受け、中級日本語クラスのTA(Teaching Assistant)をやっていました。
TAとは外国語教育が盛んなWilliam and Maryが取り入れているシステムで、週4回ないしは5回ある言語の授業のうち週1回を、その言語のネイティブまたは長年その言語を勉強した学生が受け持つというものです。
当然、何の専門教育も受けていない私は文法等を教えることはできません。
ですが、ネイティブだと考えもつかないような学生の質問に答えたり、一緒に会話練習をしたりと、第一言語である日本語を改めて見つめなおす、日本語をいう言葉について考えるいい機会になりました。
日本語を勉強している学生達と大勢知り合えたのも嬉しかったです。



続いて、留学生活全般について少し…
学力、英語力という面だけを見ると、私の留学生活は決して大成功ではない気がします。
今学期も授業では本当に本当に苦労したし、先生や友達に勢いよく話されると何を言っているか聞き取れないことも未だに多々あります。
でも、それでも私はWilliam and Maryでの1年間の生活で多くのかけがえのないものを得ました。

先学期、英語が聞き取れず、話せず、なかなか友達ができない自分がみじめでたまらず、一日一日が長くていつもへとへとで
「早く夏休みになってくれ」
とばかり考えていました。
そして
「来学期も毎日終わりを待ち焦がれなけばならないのか。私の留学生活はこんな思いで塗りつぶされるのか」
と、そんな自分に本当にうんざりしていました。
ですが、冒頭にも書きましたが、今学期は毎日が楽しくて日々が飛ぶように過ぎていきました。
先学期はいちいち気にしていらだっていた些細なことが本当にくだらなく思えて、今学期が留学1学期目だったらいいのに、とまで思えるようになりました。

私をこんな風に変えたのは、もちろん私自身の成長もあるのでしょうが、それ以上にここで出会った友人たちのおかげです。
辛いことがあった時、パニックになっていた私を力いっぱい抱きしめて泣かせてくれた友達が何人もいました。
今学期中、急に日本に一時帰国したのですが、2週間ぶりにアメリカに戻った時、私の顔を見るなり駆け寄って抱きしめてくれた友人たちの笑顔は忘れられません。
感謝祭の休暇の直前、寮は全て閉まってしまうのに一時帰国の慌しさで何も予定を考えられなかった事を知って、すぐにご家族に連絡して泊めてくれた友達もいます。
未だに英語が拙くてろくに会話も長続きしない私にこんなにしてくれる、それが当たり前のように接してくれる友達がいる、そのことが私の留学に対する思いを大きく変えました。

留学先で言葉の不自由を乗り越えて最高の友達に出会う、留学記的にはベタすぎるストーリーなのかもしれませんが、それでも私はこのことに満足しているし、そんな友人たちを得たことを心から誇りに思います。


留学終了まであと数日。今は期末試験期間です。勉強もしつつ友達との別れを惜しみつつ、最後の日々を満喫していきたいと思います。
留学記に絶対書きたい!そう思っていながら書いていない出来事が夏休み中にも今学期中にもたくさんあります。留学を終えて帰国してからでも少しずつ書いていけたらなぁと思います。

以上、紅葉と建物のコントラストが最っ高に綺麗なWilliamsburgからさおりでした!

――――――――――
ランキング参加中です。
拙い記事ですがよろしければ投票お願いいたします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiustudyabroadblog.blog.fc2.com/tb.php/182-51626364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。