05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

AIU留学体験記2012

留学が義務付けられている国際教養大学(AIU)の学生が、ついに世界に飛び立った! 彼らの日常とは一体どのようなものなのか? 留学中のAIU生50人がお届けする留学記、お楽しみください!

スポンサーサイト 

category: スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm --   tb --   page top

留学先の大学と授業について 

category: ゆき@スイス


明けましておめでとうございます。

スイスのFHS St.Gallen University of Applied Sciencesに留学中のゆきです。
お久しぶりの投稿になります!
昨年の冬から留学が始まった仲間たちは、
続々と日本に帰り、まとめの記事を書いているようですが
私の留学は今月末まで続きます(^ω^)
早く帰っているみんながうらやましいような、
でもまだ留学をみんなより長く続けていられる自分が幸せのような
複雑な気持ちです♡

まとめは、また今度ということで、
今回は、今までなぜか一度も書いていなかった
留学先の大学と授業について書いてみようと思います!
少しだけ、年越しの様子も!

興味のあるからよかったら読んでくださいm(__)m
さて、私の留学しているFHS St.Gallen University of Applied Sciences
ドイツ語名では、FHS St.Gallen Hochschule für Angewandte Wissenschaften
(ちなみにFHSとはドイツ語のFachhochshuleの略で、University of Applied Sciencesと同じ意味です!)
さて、University of Applied Sciencesとはなにか!
日本語に訳すると、"応用科学大学"となります。
この応用科学大学、というのは、ドイツで始まり、スイス、オーストリア、リヒテンシュタイン、そしてギリシャへと広がった、いくつかの学科、分野に特化した大学のことを言います。
日本でいうと"単科大学"、英語でいうと"University"というより"College"のほうが近いと思います。
応用科学大学は、英語の"University"、ドイツ語の"Hochshule"、そして日本の"総合大学"、
と比べ、勉強できる分野が限られています。
主に、ビジネスや技術系の学科が中心となっているのですが、
私が留学しているFHS St.Gallenでは、

・Social Work(社会福祉)
・Business Administration(ビジネス)
・Nursing(看護)
・Engineering(エンジニアリング)

の4つを学ぶことができます。

国際教養大学では、この中のBusiness Administrationへの留学が可能です。
ちなみに、FHS St.Gallenのビジネス科はスイス国内でもレベルが高いそうです^^ わーい
英語で開講されている科目は決して多くはなく、
1年間の留学となると、開講科目の8割程はコンプリートしていましそうなくらいなのですが、
常に少人数での授業というところがとても魅力的です。

英語で授業をうけている、スイス人の生徒も、30~50人程度、
留学生も20人程度と、大変少ないのですが、その分、皆仲がよく、
留学生のお世話をしてくれるインターナショナルオフィスのスタッフの方々の、
とても丁寧なサポートをうけることができます。
スイス人の生徒が中心となって計画して、
観光、アクティビティ、ディナーなど、いろいろなイベントを開いてくれます!
(ちなみに予算は主に大学から出るので、基本的にすべて無料です)

私がこの1年間で履修した授業は、
Strategic Management (戦略的マネージメント)
German Basic Course (ドイツ語初級)
Spanish Basic Course (スペイン語初級)
Global Relations (国際関係論)
Psychology of Interperonal Communication (対人心理学)
Business Informatics (情報科学)
International Law (国際法)
Marketing and International Sales (マーケティング)
Presentation Skills (プレゼンテーションスキル)
English for Academic Purposes (学術英語)
German Intermediate (ドイツ語中級)
Interculatural Communication and Understanding (異文化間コミュニケーション)
Consulating Project (コンサルティングプロジェクト)

の13個です。
中にはファイナルが100%で成績が決まるものもあるので、
なかなか気が抜けませんでした。
(まだ全部の授業が終わってないのですが。。。)


全部の授業について説明するのはたいへんなので、
今日は私の大学の一番の目玉であろう
Consulting Projectという授業について紹介します。


Consulting Project(略してCPIN)では、その名の通り、
コンサルティングについて学ぶのですが、
この授業の一番のポイントは、実際に企業の為に働く!ということです。
この授業は留学生向けとなっていて、いろいろな国の留学生とチームを組んで
スイス国内の企業から依頼を受け、市場研究を行います。
(スイス人はドイツ語で行うため違う授業となります)


この授業を既に経験した、友達のスイス人からも留学生からも
留学を楽しみたいなら絶対にCPINはとらないほうがいい!!!
と言われたのですが。。。
一番の目玉なんだし。。。ということで、
今学期この授業を履修することになりました。


授業といった授業は5度ほどしかなく、
主に、毎週コーチを含めミーティングを行い、
それぞれ自分で動いていくという形になっています。
プロジェクトの計画をし、市場調査を行い、
最後にレポートとプレゼンテーションが待っています!
私たちのチームは今週末のプレゼンテーションのやり遂げれば
終わりとなります!!!!!

このプロジェクトはかなり本格的で、
クライアントと会うときはスーツを着用!
何十人ものイギリス人にメールを送り
断られすぎてくじけたり、
どきどきしながら電話でインタビューしたり、
チームメイトが喧嘩しているのをなだめたり、
徹夜で書類を書き上げたりと、
本当に大変な思いをたくさんしたのですが、
働くことの大変さはもちろん、
自分で計画をして書類をつくったり、
異文化間で働くことの大変さを知ったり、
そして何より、自分から動くことの大切さ!
などなど、多くの事を学ぶ経験となりました。


残りはあと少し!精一杯頑張ります!
大変だったけど、もしこの先FHS St.Gallenに留学する人がいるならば
おすすめしたい、良い経験となる授業でした。
ちなみにFHS St.Gallenは2月から駅の真横の
とっても新しくてきれいな校舎にお引越しになります!
新校舎で勉強したかった(T_T)


さて、大変長々と書いてしまいましたが、
興味を持っていただけたら嬉しいです^^

最後に、2013年の年明けをイタリアのベネチアで迎える
という素晴らしい経験をさせて頂いたので、写真貼って終わります^^

大晦日の夕方のベネチア
IMG_8117.jpg

2013年を迎えたすぐ後の花火
IMG_8168.jpg

初日の出の少し前に七色に光っていた、電車から見た空
IMG_8162.jpg

素敵な2013年のスタートとなりました!
みなさんにとっても素敵な1年となりますように。
スポンサーサイト
cm 2   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2014/03/03 01:16] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2014/03/29 19:02] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiustudyabroadblog.blog.fc2.com/tb.php/186-41f3445a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新記事

カテゴリ

プロフィール

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。